社員研修

社会が複雑になるにつれ、社員・スタッフに求められるスキルも多様化・高度化しています。
また、少子高齢社会を迎えた今、人材ほど貴重な資源はありません。
今いる人材をいかに活用するかが、企業にとっての生命線になっています。
オフィスフロレゾンでは、様々な分野において実績のある講師陣が、貴社の人材開発をサポートいたします。
対象者や目的に応じてヒアリングを行い、ニーズに合わせた研修プランをご提供いたします。

社員研修の流れ

<研修内容例>

  • ビジネスマナー
  • ビジネスコミュニケーション
  • 業種別接遇マナー
  • クレーム対応
  • ITマナー
  • リーダーのためのコーチング

<カリキュラム例>

時 間 内 容
9:00-12:00 1.社会人としての心得
・ビジネスマインド ~ 働くとは
・職場のルールとマナー
・仕事の進め方
2.ビジネスマナーの基本
・第一印象の重要性
・ビジネスマナーの5つの基本
・好印象の挨拶
3.ビジネスコミュニケーション
・敬語と接遇表現
・ビジネスツールの使い分け
電話/メール/FAX/文書
13:00-17:00 4.来客応対
・来客応対の準備
・上席の知識
・受付/取り次ぎ/お茶接待
・ご案内と名刺交換(ロールプレイ)
5.電話応対
・ビジネス電話の心得
・電話の受け方、かけ方のポイント
・電話の取次ぎ方(ロールプレイ)
・クレーム電話の心構え

*カリキュラムの内容、研修時間(半日研修、数日間集中研修)など、ご要望に合わせたプランニングが可能です
*研修は1h 2万円~(別途税金、交通費、テキスト代)で承ります
*研修内容・時間・予算など、ご相談承ります

医療接遇

患者応対から患者様接遇へ

患者様が医療機関を選択する時代です。
患者様に接する医療スタッフは全員が「医療機関の顔」。その応対一つが患者様の評価を左右します。
「患者様満足の向上」は医療機関において重要な課題の一つです。
選ばれる医療機関となるために接遇スキルを磨きませんか?

<医療機関を利用された患者様の満足度を高めた理由>

1位 病院スタッフの対応が良かった 49.8%
2位 医師とのコミュニケーション
3位 診療治療内容
4位 痛みなど体の症状を和らげる対応が良かった
5位 待ち時間が短かった
(平成23年厚生労働省 受療行動調査)

こんなことはありませんか?
・接遇マナーに不安がある
・敬語の間違いを指摘された
・電話応対に自信がない・・・など

オフィスフロレゾンは医療接遇のスペシャリストを育てるお手伝いをいたします。

オフィスフロレゾンの研修プログラム

<医療接遇 4つのテーマ>

医療接遇カリキュラム

研修カリキュラムはクライアント様のニーズに合わせカスタマイズいたします。

<クリニックの電話応対研修>

フロレゾンの電話応対研修

医療接遇研修は医療の現場に「おもてなしの心」を届けます。
受付や待合室での心のこもった応対は「患者様満足」を向上させ、スタッフの仕事へのモチベーションも高めます。
オフィスフロレゾンの医療接遇研修プログラムは、高いホスピタリティマインドと接遇マナーを身につけ、
自信をもって患者様に応対していただけるよう 心構えから電話応対スキルアップまでサポートいたします。

<カリキュラム例 (新人 1日研修)>

テーマ 内 容 時 間
1.医療接遇とは
医療コンシェルジュの役割
・医療機関としての接遇サービス
・ラポールをつくる
・医療コンシェルジェの心得
1h
2.接遇の基本1 ・第一印象・身だしなみ・表情態度・動作
(立ち方・歩き方・お辞儀・座り方・モノの授受)
・敬語について・好印象の言葉遣い・話し方・病院の接遇用語
2h
3.接遇実践
(ワーク&ロールプレイ)
・挨拶・ご案内・来客応対
・受付業務 レセプション・インフォメーション・会計での応対
・患者様の状況に合わせた接遇
3h
4.ユニバーサルサービス ・車いす・視覚障害のある方への応対 1h

<カリキュラム例 (基本応対 1日研修)>

テーマ 内 容 時 間
1.電話応対の基本 ・電話によるコミュニケーションの特徴
・電話の基本マナー
・発声・発音・伝わる話し方の基本
2h
2.電話応対実践 ・電話のかけ方、受け方、取り次ぎ方の基本
・電話での予約・受付
2h
3.実践ロールプレイ ・患者様との電話応対スクリプト練習
・音声録音と講師による個別フィードバック
・傾聴スキルとクレーム応対のポイント
3h

*カリキュラムの内容、研修時間(半日研修、数日間集中研修)など、ご要望に合わせたプランニングが可能です
*研修は1h 2万円~(別途税金、交通費、テキスト代)で承ります
*研修内容・時間・予算など、ご相談承ります

研修実施例

2016/4/13~17 広島県保険医協会様(呉・福山・三次・広島)にて医療接遇・電話応対研修を実施しました

参加者は総勢368名、広島市文化交流会館の会場では173名の医療スタッフの方がご参加くださいました。
前半は患者様とのコミュニケーションについての講義や敬語の使い方のワークの他、グループディスカッションを行いました。日頃、患者様への応対の方法や言葉遣いについて心がけていることや疑問に感じることを話し合い意見を交換しました。講師への質問も多く寄せられ、とても充実したセッションとなりました。
後半は電話応対の練習を行いました。具体的な応対の流れや、復唱確認の言葉のワーク、実際に声を出してロールプレイング練習など内容は盛り沢山でしたが、皆様最後まで大変熱心に取り組んでくださいました。
研修後のアンケートでは、94%の方が役に立つ研修だったと答えてくださり、満足度の高い研修になりました。

▲広島会場での研修の様子(広島市文化交流会館) ▲呉会場での研修の様子(ビューポートくれ)

このページの上へ戻る